HOME>注目記事>出版業界で働こう!中途採用は大丈夫?求人の探し方は?

出版業界の求人の探し方

出版業界の求人はスキルを持った即戦力であることが重視されています。そのためにその業界に強い転職エージェントへの登録が一番の近道です。

出版業界で求められる資質とは?

  • ITスキルを持ち、外注に頼らず仕事を回せること
  • 常にアンテナを張り巡らせ、情報収集ができること
  • 新しいものを仕掛けていく度量があること
  • フットワークが軽く、すぐに現場へ直行できる体力があること
  • トレンドの先を見据え変化を見抜ける眼力を持つこと
  • 「読む」「書く」の校正に関するスキルがあること
  • 常に正しい情報を収集できる情報網を持っていること
  • デスクワークでも1度の複数の仕事を並行できる能力があること
  • トラブルの場合でも、代替案などを提案できるプレゼン能力があること
  • スケジュールを考えながら先回りの行動がとれること

過渡期迎え新たな動きを模索し転換

求人

デジタル化に進むビジネス・シーンにおいて、出版の分野は特に影響を受ける業種です。いわゆる、紙媒体から電子媒体へという流れになりますが、出版界はもうすでに、デジタル分野を模索しながら発信しているようです。電子書籍はもちろんのこと、ウェブ上でのコンテンツを強化するなどの動きが活発です。細かく見て行くと、漫画や雑誌、書籍の電子化は顕著で、印刷や物流コストを削減することで新規事業へと転換しています。さらに自動翻訳の分野が進むことにより、海外展開も大きなビジネスチャンスになるだろうと思われます。漫画に関しては、世界中で人気を博すコンテンツが多くあるため、大きな利益を生むことでしょう。正に、新たな動きを模索しながら、上手く転換して行く業界になるのではないでしょうか。これから出版の分野の求人は注目されることでしょう。

雑誌とECサイトの同時運営

求人情報

また。某出版社が手掛ける、雑誌と連動したECサイトの運営は、今後の出版社の理想のかたちになるのではないでしょうか。雑誌やウェブサイトで紹介した商品が、会員になることで、直でウェブサイトで購入することが可能になります。コンテンツの力を持つ、出版社ならではの特徴が生きる運営方法のため、求人による優秀な人材確保が急務になることでしょう。

専門知識プラス発想力・企画力が必要

求人

では求人で、どのような人材が必要になるのかということになりますが、出版のことはもちろん、ウェブなどのデジタルの知識が必要になります。しかしそれ以上に、コンテンツの力のある場所で、どのようなことがこれから必要か、何をすればもっと注目されるかといった、発想力や企画力が、より求められることでしょう。過去に学び、未来に向かう仕事と捉えれば、今後さらに注目される職業であり業種であることは間違いなさそうです。

広告募集中